無料ダウンロード

LedZeppelin_MusicSearch

    • SEARCH TYPE
    無料ダウンロード


    スクリーンショット

    内容

    LedZeppelinの動画をYouTubeからピックアップします。

    各アルバムの楽曲毎をYoutubeで検索します。
    分からない曲など、UPされていれば、大体ヒットしますので
    アルバムの楽曲構成やイメージが簡単に行え
    好きな曲がどの曲だったか?
    どのアルバムに入っていたか?
    簡単に見つける事が出来ます。
    検索は全て30件MAXです。
    アマゾンレビューでも、購入する為の参考になります。
    登録があれば、そこからの購入も可能です。
    各、メンバー毎にWikiにて検索できる為、細かい情報も
    すぐに分かり、便利です。

    本アプリを使うと、面倒な検索から開放され
    すぐにチェックしたい楽曲を見つけることが出来ます。

    本アプリで楽しんでいただける事を、うれしく思います。

    to the memory of John Bonham


    1968年にデビュー以来、今も世界的な人気を誇るロックバンドである。
    1960年代中頃、イギリスの若いミュージシャンの間ではプログレッシブ・ロックがブームとなっていたが、彼らは後の世代にヘヴィメタルと言われる音楽を世界中に知らしめた。また、アコースティック・ナンバーも多く、ブリティッシュ・トラッド、フォークから中近東音楽に亘る幅広い音楽性を持ち、ロックの限界を押し広げた。
    『レッド・ツェッペリン I』でデビューした彼らは、音楽シーンに衝撃を与えると同時に広い人気を得た。また新人としては破格の、アルバム5枚で20万ドル[当時の日本円で7200万円]というレコード会社との契約金は、ヒッピー文化の色濃い当時にそぐわぬ華々しさであった。
    彼らはテレビでの演奏を拒否し、プレスに対し辛辣な態度を取るなど常にマスメディアと距離を置いており、最初期を除きテレビでは殆ど演奏しなかった。しかし、小さなクラブや大学のステージでの演奏が口コミで伝わり、人気を獲得していった結果、アルバムセールスや観客動員数でも記録破りであった。現代においても、アルバムはアメリカだけでも毎年100万枚、通算で1億枚を超え、エルヴィス・プレスリーに匹敵する実績を持っている。なお、全世界でのアルバムセールスの累計は、現在のところ3億枚を突破している。


    ジミー・ペイジ Jimmy Page(ギター、テルミン、ダルシマー)
    バンドのリーダー。楽曲、ビジュアル面も含めたプロデュース能力に秀で、ツェッペリン全アルバムのプロデューサーでもある。キャリアの中期以降テクニカルな演奏能力の面では酷評されることも多いが、アコースティックギターの上手さ、曲の印象を決定づけるリフの作成能力、曲想と調和したメロディアスなソロ演奏能力の面では高く評価される。1980年代はポール・ロジャースと共にザ・ファームを結成。その後、カヴァデール・ペイジ、ジミー・ペイジ&ブラック・クロウズなど様々なプロジェクトに参加するが、現在ではギタリストとしての活躍は少なく、過去の未発表音源のリリースやアルバムのリマスタリング作業にあたるなど、ツェッペリンの業績を良好な形で現代に伝える、ツェッペリンの守り手としての活動が主である。
    ロバート・プラント Robert Plant (ボーカル、ハーモニカ)
    広い音域を自在に操る歌唱力、魅力的な声、凄まじい声量、美しいルックスで世界中のロックファンを震撼させたが、喉を痛めた1973年以降は初期のアクロバテックなヴォーカルスタイルを変化させ、独特の味のある歌唱法を完成させた。元ツェッペリン中で唯一現在でもパーマネントなバンドを組んで精力的に活動している。解散後は、ツェッペリンでも見せていたケルト音楽や民族音楽を大きく取り入れたサウンドを志向する事が多い。あだ名は「パーシー(Percy)」。「おちんちん」という意味の俗語である。
    ジョン・ポール・ジョーンズ John Paul Jones (ベース、キーボード、シンセサイザー、ピアノ、バンジョー、マンドリン)
    ベースに限らず、幅広い楽器を操るマルチプレイヤーで、卓越した技術力と安定した演奏力でツェッペリンの演奏を支えた。近年では、アレンジャーや若手バンドのプロデュースの仕事に加え、ライブを行ったり、自身のソロ・アルバムをリリースしたりとマイペースに活動していたが、フー・ファイターズのデイヴ・グロール、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オムらと共にゼム・クルックド・ヴァルチャーズを結成した。あだ名は「ジョンジー」。
    ジョン・ボーナム John Bonham (ドラム)
    独自のグルーヴ感、リズム感、早急感、ノリ、パワー、タイム感を持ち、強いプレイと多彩なフィルインによって、バンドの核としての役割を果たすだけでなく、ロックに於ける一つのドラムの在り方を構築し、現在でも幅広いジャンルのドラマーに多大な影響を与えている。1980年に死去。あだ名は「ボンゾ」。