無料ダウンロード

幼児の水分補給サポートシステム

    • SEARCH TYPE
    幼児の水分補給サポートシステム icon

    幼児の水分補給サポートシステム

    検索: kpu_ti 0 0

    無料ダウンロード


    スクリーンショット

    内容

    Water Supply Supported System(WSSS)for Baby
    このシステムは釧路公立大学医療情報学研究室にて開発を行いました※1

    乳幼児は成人に比べ体内の水分割合・代謝が高く、熱中症や脱水のリスクに注意する必要があります。また自分の意志で水分の補給が出来ないため、保護者が適切な水分補給を行う必要があります。

    このアプリケーションは幼児の活動(汗を掻く運動など)の時間当たりの水分補給量の目安を、暑さ指数(WBGT指数)と見た目の発汗量から計算します。※2
    これにより成人の感覚とは違う、幼児個人の水分補給量の目安を計算して、水分を与える際の目安としてお使いいただけます。

    ご利用前に必ず"使用上の注意"と"システムについて"をお読みください。
    システムはあくまで水分補給量の目安を表示するものであり、実際にあたえる水分量はお子さんの様子などを適時観察して水分を与えるようにしてください。
    また、熱中症などについて適切な知識を持つことが最も予防・健康管理において重要ですので、”システムについて”の項目を活用して頂きればと思います。

    (使用方法)
    -------------------------------------------------
    外出や遊戯の合間など、小まめに計測を行い与える水分の目安を計算してください。

    始めに"開始"ボタンを押します。
    メイン画面に移動したら、
    ・WBGT指数(※2)
    ・発汗量
    を入力して [水分補給目安] のボタンを押すと
    水分補給量の目安を表示します。
    発汗量は見た目の感覚から、スライドバーを用いて入力します。バーの上のアイコンと『少し汗ばんでいる』などの感覚を参考にしてください。
    -------------------------------------------------
    ※1 2012年2月、第5回日本医療情報学会北海道支部学術大会(北海道大学クラーク会館)に続き、3月の情報処理学会第74回全国大会)で発表(IPSJ講演論文集・掲載巻号第4分冊,pp.947-948,公刊;著者 釧路公立大学 医療情報学研究室:岩崎武史・小椋宇謙と医療機関の管理栄養士チームで開発)しました。
    ※2 WBGT指数とは暑さ指数とも言われる熱中症予防のために活用されている指標です。屋内外や地面などによっても変化いたしますので専用の計測器をご用意されることをお勧めします。また環境省が夏季に"熱中症予防情報サイト"にて地域ごとの予報を発表しています。メイン画面内にリンクを用意していますので、必要なときはご利用ください。

    Tags: 幼児の1回の水分補給の目安