無料ダウンロード

たっちゃんのコネク島【FUN編】:親子コミュニケーション

    • SEARCH TYPE
    たっちゃんのコネク島【FUN編】:親子コミュニケーション icon

    たっちゃんのコネク島【FUN編】:親子コミュニケーション

    検索: 0 0

    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    子どもが発達していくのに欠かせないコミュニケーションを親子同士でとりながら楽しめるタッチアプリです。
    子どもを伸ばしていく3つのコンセプトで作られています。
     1.タッチで直感的な操作ができる
     2.「できる」「わかる」という達成感が遊ぶ・学ぶ意欲を引き出す
     3.大人と遊びを共有・共感する経験が子どものコミュニケーションの発達を促す

    <収録内容>
    この「FUN編」では「たっちゃんのコネク島」の、他者とのやり取りを楽しむ2つのコンテンツが楽しめます。
    ●とんとんすもう
    2人で手形をタッチすることで、紙ずもうを楽しみましょう。
    軍配をタッチするとゲームが始まります。さまざまな決まり手が同意されています。
    ●こっちむいてクマさん
    切り株の上に後ろを向いて座っている、クマさんを振り向かせましょう。
    クマさんの体をタッチすると、こちらを振り向いてあいさつしてくれます。
    ・クマさんが呼ばれていることに気づくまで、タッチが1回から3回必要です。(回数はランダムに変わります。)
    ・クマさんがこちらを向いたら、右耳、左耳、口、おなかなど、いろいろタッチしてみましょう。
    ・クマさんはときどきうたた寝をしてしまいますが、タッチすると目を覚まします。
    ・クマさんの横に置いてあるかごをタッチすると、クマさんが芸を見せてくれます。
    他にも、森、木の洞、蜂の巣、切り株の芽にしかけがあります。

    ◯たっちゃんのコネク島シリーズ続編 好評発売中
    (たっちゃんのコネク島FREE版でまずはお試しください)
    ・たっちゃんのコネク島タッチ編
    ・たっちゃんのコネク島FUN編
    ・たっちゃんのコネク島PLAY編
    ・たっちゃんのコネク島タッチ2編

    【レインボープロジェクトとは?】
    「レインボープロジェクト」は2004年度にスタートし、株式会社キャドセンター、女子美術大学、杉並区立こども発達センターの産官学共同研究プロジェクトです。
    「たっちゃんのコネク島」は、元は障害児の療育支援ソフトとして開発されたものですが、
    お子さまをはじめ大人、ひいてはエルダー層の方にも楽しんでいただけるようになっております。
    お子さまの状態にかかわらず、概ね発達年齢1歳程度から楽しめるように開発されていますが、発達年齢が1歳に達していなくても、コネクツールのアニメーションや音の美しさを利用して、発達を促す指導や遊びに活用して頂くことは十分に可能です。