無料ダウンロード

アニメーションマガジン

    • SEARCH TYPE
    アニメーションマガジン icon

    アニメーションマガジン

    検索: 54 6.6

    6.6 ユーザー評価
    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    Animation Magazine
    アニメ関連の多様な記事で見どころ、読み物を提供しています。

    皆さん、映画好きでしょう?アニメはいかがでしょうか?子供の頃に胸ときめいて愛聴していた "未来少年コナンから大人になってから感銘深く見た"時をかける少女 "まで。
    アニメーションの多くの思い出を持っています。
    ジャパニメーションとは、日本(Japan)とアニメーション(Animation)の合成語です。用語は、米国の西海岸地域で導入され始めてから使用しました。
    日本アニメ[宇宙少年アトム]が最初に紹介され、 "日本のアニメ"を指す言葉ハワイで開始され、世界中に広まっていきました。
    ジャパニメーションの始祖は "手塚治虫"監督です。手塚監督は1963年に出版用漫画である[宇宙少年アトム]をTVに移す試みをしました。
    大きな人気を得たアトムに続いて1965年に初のカラーTVアニメである[密林の王者レオ]が再び大きな人気を得ながら、手塚監督はジャパニメーションの全盛期を導いていきました。
    手塚監督の名声は、[マジンガーZ]、[銀河鉄道999]などの作品と一緒に続き、以降、新たなジャパニメーション監督が浮び上がり始めています。
    高畑勲監督が[母をたずねて三千里]などのアニメーションを出しながら新しい名前を知らせ始めたし、
    高畑勲監督と宮崎駿監督が共同演出した[未来少年コナン]はまだ大きな人気を集めています。
    宮崎監督は特にアニメーションを劇場に移して、その監督だけの作品世界を構築するだけでなく、商業的にも大成功を収めました。
    暖かい人間社会を描く宮崎監督とは異なり、1980年代末からジャパニメーションは、様々な方向に発展しました。
    押井守監督の[攻殻機動隊]、庵野秀明監督の[新世紀エヴァンゲリオン]などサイバーパンクアニメが登場し、やはり世界的に高い人気を呼んで
    サイバーパンクアニメがジャパニメーションの一部として定着もしました。
    アトムもマジンガーZも子供の頃に見たアニメがほとんど日本のアニメであることを知って驚いたことがありました。
    世界のどこからでも、日本のアニメは着実に愛されており、これはジャパニメーションが世界に与える影響を知ることができ、また共感するに値する普遍性を得ているという意味です。
    今日は胸温まる宮崎駿監督の映画のほうが見たい日です。
     
    皆さんも、ジャパニメーション一方、いかが?

    [使用方法]
    写真が示された画面で、上下にドラッグしてください。
    次の記事が見られるようになります。
    画面をクリックすると記事の詳細内容をご覧いただけます。

    ユーザーレビュー

    54レビュー

    "良い"

    6.6