無料ダウンロード

ヘルスライフパスポート 多言語医療問診支援システム

    • SEARCH TYPE
    ヘルスライフパスポート 多言語医療問診支援システム icon

    ヘルスライフパスポート 多言語医療問診支援システム

    検索: 11 7.6

    7.6 ユーザー評価
    無料ダウンロード


    スクリーンショット

    内容

     日本に住んでいる外国人及び外国人旅行者が国内の病院で受診する際や、日本の海外渡航者が海外現地の医療機関で受診する際、また聴覚障がい者が医療機関で受診する際など、症状の問診に関わるコミュニケーションが取りづらい状況があります。
     ヘルスライフパスポートはそのような状況であっても、タッチ入力で「内科を中心とした多言語対応の174項目の問診」を医療者と患者側で確認しながら問診を行ったり、履歴を保存しておくことで患者自身がその時の症状や既往歴、飲み薬の有無等の情報を医師に明示して、医療機関での受診をスムーズにすることができます。

    ■コンテンツ紹介
    ・ヘルスライフパスポート
     ヘルスライフパスポートは、日本に限らず様々な地域で利用することが可能です。
     主言語(母国語)と従言語(翻訳したい言語)を選択して、多言語に対応した問診に回答しておくことで患者自身のその時の症状や既往歴、飲み薬の有無などの情報を医師に明示して、医療機関での受診をスムーズにする医療問診システムです。
     また入力履歴から問診PDFを作成して指定されたメールアドレスに送信も可能で、印刷を容易に行うことができます。

    ・ヘルスチェック
     ヘルスチェックは日々の体重/血圧が入力でき、自己健康管理の記録を残すことができます。
     また多言語に対応していて、入力履歴から問診PDFを作成して指定されたメールアドレスに返信するクラウドサーバ上のWebアプリケーションへ入力履歴をメール送信することで、健康管理表の印刷を容易に行うことができます。

    ■注意事項
     ヘルスライフパスポートの機能は基本的にネットワーク環境の無い状態でも利用して頂くことが可能ですが、PDFの作成など一部の機能ではネットワーク環境が無い場合その機能を利用して頂くことができないことをご承知下さい。

    ■個人情報の取り扱いについて
     メールアドレス等の個人情報の収集は一切行わず、履歴PDFの送信以外の使用は致しません。尚、個人情報を除いた履歴は予防医学向上のための研究として使用することをご承知ください。

    ※ヘルスライフパスポートは株式会社アイエスゲートと群馬大学医学部 医療情報部との共同研究で開発しました。

     2012年4月現在、対応言語は日本語、ひらがな、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語、インドネシア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語の10言語です。
     対応言語は順次追加する予定です。

    ユーザーレビュー

    11レビュー

    "とても良い"

    7.6