無料ダウンロード

AMCT

    • SEARCH TYPE
    AMCT icon

    AMCT

    検索: kiyoad.com 57 8.4

    8.4 ユーザー評価
    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    *** Android 4.2 以降では動作しません。

    これは Airplane Mode Control Timer です。

    b-mobile Fair や b-mobileSIM U300 のような、データ通信専用のSIMの使用時、音声通信が常に圏外となることで、デバイスの消費電力が増加してしまう場合、このプログラムは役に立つかもしれません。
    このページのスクリーンショットも確認してみてください。

    ※データ通信のみのMVNO回線でのセルスタンバイ問題対策用です。

    このプログラムは、複数のプログラマブル・タイマーで、機内モードの有効/無効を制御します。
    機内モードを有効にすることで、デバイスの電力消費を抑制します。しかし、機内モードを有効にしたままだと、メールの自動受信が行なわれません。そのため、画面がオフの間でも、タイマーを用いて、一時的に機内モードを無効にすることができます。
    各タイマーによるタイミング・チャートが、プログラムに含まれていますので、確認して下さい。

    デフォルトの設定では、このプログラムは以下の条件下で動作します。
    (1) デバイスのバッテリーは放電中。
    (2) 無線LAN未接続状態(モバイルデータ通信利用時のみ動作)
    これらの制限は設定で変更することもできます。

    いくつかのデバイスでは動作しないかもしれません。もし動作しない場合は、デバイスの再起動も試してみて下さい。再起動は、一旦デバイスの電源をオフ[*1]にした後、再びオンにすることで行ないます。
    [*1] デバイスの電源オフは、たとえば電源キーの長押しで行ないます。

    以下のサイトも参考にして下さい。
    http://kiyoad.tumblr.com/tagged/amct

    TIPS:
    (1) 自宅やオフィスでは無線LANで接続しているなら、設定のS5をオンにすることをお勧めします。未接続状態からの復帰時、無線LANでも接続を試みます。その際、無線LAN接続に失敗してモバイルデータ通信側に接続した場合は、無線LANは自動的にオフになります。なお無線LANで接続している場合は、画面がオンの間は接続が維持されます。
    (2) 設定のS2をオンにすることで、このプログラムによるモバイルデータ通信の切断10秒前を、触感フィードバックで知ることができます。この時、現状のモバイルデータ通信を継続したい場合は、一度画面をオフにした後、設定のT3の時間が経過する前に、再びオンにして下さい。
    (3) 画面がオンの間、このプログラムでモバイルデータ通信を切断したくない場合は、設定のT4を'無期限'にしてください。逆に画面がオフの間、モバイルデータ通信に接続したくない場合は、設定のT1を'無期限'にしてください。
    (4) 設定のT5やT6が小さいほど、モバイルデータ通信は切断されやすくなります。これは、T5やT6の期間内に、モバイルデータ通信が行なわなければ、これを切断するように動作するためです。
    (5) 画面がオンで機内モードが有効の時、モバイルデータ通信を再接続する場合は、一度画面をオフにした後、再びオンにして下さい。設定のT7の時間の経過後、再接続が開始されます。

    注意:
    (1) 音声通話可能なSIMでこのプログラムを使用することはお勧めしません。機内モードが有効の間は着信できませんし、通話中に勝手に切断することがあります。
    (2) 一部のデバイスでは、機内モード有効の間、時刻データがおかしくなります。この現象はこのプログラムが原因ではありません。
    (3) 一部のデバイスでは、画面OFFの間に機内モードを無効にしても、画面ONになるまで、モバイルデータ通信での接続が開始されません。
    (4) 設定のS5をオンで使用する場合は、"設定(アイコン) > Wi-Fi > 詳細設定 > スリープ時にWi-Fi接続を維持" の設定を、"常に使用する" にして下さい。

    警告: 航空機に搭乗する際には、このプログラム(AMCTサービス)を停止して下さい。

    ユーザーレビュー

    57レビュー

    "とても良い"

    8.4