無料ダウンロード

ニケ- シンプルメモ保存とBluetoothデータ交換ツール

    • SEARCH TYPE
    ニケ- シンプルメモ保存とBluetoothデータ交換ツール icon

    ニケ- シンプルメモ保存とBluetoothデータ交換ツール

    検索: 10 7.6

    7.6 ユーザー評価
    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    <はじめに>

    ニケ(ExtIOMethod)は取り出してさっとメモ出来るテキスト編集/保存機能と、端末間でテキストデータやファイルを送受信する機能を備えています。
    端末間でURLを交換したり、キーボードを持つ端末で打ち込んだテキストを他の端末へ送信するなど Bluetooth 通信機能は手軽に利用することが出来ます。
    その他、フォルダやファイルを zip で圧縮する機能を持っていますので、複数のファイルをまとめて、あるいはサイズを小さくしてからのデータ送信に利用することが出来ます。

    不具合情報や改善など、お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

    <機能説明>
    機能を、Bluetooth 接続、テキストデータ送信、フォルダ/ファイルの選択、ファイル送信、の4つに分けて、以下に説明します:

    ○メモの保存
    テキストデータを保存します。テキストエディタ下の[保存]ボタンを押すと、タイトルに入力した文字列のファイル名でテキスト保存します。
    保存される場所は、SDカード ExtIOMethod/Document 以下に、自動的にタイムスタンプでフォルダが生成され、そこに保存されます。
    例:2012/10/03 に保存する場合は、ExtIOMethod/Document/2012/10/03 のフォルダが作成され、そこに保存されます
    同名のファイルを保存しようとすると、上書き、キャンセル、あるいはリネームが選択出来ます。
    リネームを選択すると、ファイル名の後ろに、自動的に番号を付けて保存します:
    今日のサマリ.txt
    今日のサマリ(1).txt
    今日のサマリ(2).txt
    ツールで保存したテキストの内容は、1行目をタイトルデータ、2行目以降テキストの内容として保存されます。
    その他のボタンの機能:
    [貼付]-クリップボードから文字列データを貼付けます
    [消去]-テキストの内容をクリアします

    ○Bluetooth 接続
    テキストやファイルを送信する前に、お互いの端末を認証させます。認証した端末は、次回からは選択することで接続することが出来ます。
    メニューの[ペアと接続]/[検出可能]を使用し、Bluetooth の機能を設定します。
    [検出可能]はどちらか一方の端末を相手に検知可能な状態にします。このコマンドで検出可能にしたら、相手側で[ペアと接続]を選び、それぞれの端末上でペアになるための手続きをして登録して下さい。
    ペアとして一度登録すると、次回からはどちらかの端末から[ペアと接続]を使って接続状態にします。接続すると、アプリのタイトル右端に接続端末名が表示されます。

    ○テキストデータ送受信機能
    一番大きなテキストボックスに入力したテキスト文字列をテキストボックス下の[送信]ボタンを押すことで、接続中のペアへ送信します。送信端末上では[項目リスト]に送信データ項目が、受信端末上では受信データ項目が追加されます。
    送受信データ項目(送信/受信テキストと表示されます)を長押しすると表示されるメニュー項目を選択して、データを利用します:
    ・クリップボードへコピー - 送受信したテキストをクリップボードへコピーします。他のアプリで使用する際に利用します。
    ・テキストエディタに貼り付け - テキストデータをテキストエディタに表示します。
    ・リストから選択項目を消去 - リストから項目を削除します。

    ○ファイル/フォルダの選択
    ファイルやフォルダを項目リストに追加すると、項目の長押しメニューでファイルを開いたり、フォルダを zip したりすることが出来ます。
    ファイルやフォルダを選択するには、メニューから[ファイル/フォルダ選択]コマンドを使用します。
    このコマンドを使用すると、SDカード内のフォルダやファイルが選択出来ます。
    リストに表示されている項目の内、最後に/があるのはフォルダです。フォルダをタップするとそのフォルダの中を参照します。フォルダ項目をロングタップすると選択されてリストにフォルダが追加されます。
    ファイルをタップ、またはロングタップすると選択してリストに表示します。
    上のフォルダに戻る場合は、リスト上にある「../」をタップするか、[戻る]ボタン(ハード、またはソフトキー)を押します。
    キャンセルをタップすると、処理を中断してメインアクティビティに戻ります。

    ○ファイルの送信
    Bluetoothペアに接続してファイルを送信できます。
    送信するには、項目リストのアイテムを長押し-[選択した項目を送信]コマンドまたは、選択リストの[送信]ボタンを押すと、選択リストに追加されたピン付アイテムを対象に、ペアへファイルを送信します。

    ○リスト項目に追加したアイテムへの操作
    SDカードのフォルダやファイルをリストに追加して、追加した項目をロングタップすると、以下の操作が行えます:

    ・開く
    端末にインストールされたアプリに依存しますが、情報ソースに関連するアプリケーションでファイルを開きます。(開けるアプリがないと開けません)

    ・zipで圧縮
    フォルダやファイルをzipで圧縮します。

    ・送信
    bluetooth ペアにファイルやテキストを送信します。まとめて送信したい場合は、フォルダごと先にzipします。
    受信側は ExtIOMethod フォルダ下 ReceivedData に、日付のフォルダが作成されます。
    そこに受信済みのファイルを格納します。

    ・テキスト読み込み
    テキストファイルをエディタに読み込みます。

    ・削除
    ファイルを削除します。

    ○その他のメニューコマンドとその操作方法について

    ・[画像選択]
    ギャラリーで画像を確認して選択し、リストに追加出来ます。

    ・[モード変更]
    bruetooth ペアの接続先を Android 端末または PC に切り替えます。切り替えるにはアプリの再起動が必要です。
    Windows PC で動作するソフトウェアのダウンロードは、次のリンクから行って下さい:
    http://www1.m.jcnnet.jp/mtm00112/nike_index.html

    ・[その他]-[お気に入りリスト保存]/[お気に入りリスト読込]
    リストの状態を1つ保存出来ます。よく使う情報ソースを登録して、いつでも呼び出すことが出来ます。

    Tags: bluetooth ファイル転送 開発 , ブルートゥールス PC間ファイル転送 , ファイル転送 bluetooth 開発 , メモ アプリ blootooth

    ユーザーレビュー

    10レビュー

    "とても良い"

    7.6