無料ダウンロード

コインパズル

    • SEARCH TYPE
    コインパズル icon

    コインパズル

    検索: 19 7.6

    7.6 ユーザー評価
    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    硬貨(こうか)は金属で作られた貨幣である。コイン (coin) ともいわれる。

    『硬貨』は貨幣である「コイン」を表す。この項目ではコインについて述べる。かつて「コイン」は基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣を補完する役割を担う補助貨幣のみが流通し、素材の価値が額面を大きく下回る。

    他方、経済学においては『硬貨』はハードカレンシー(国際決済通貨)や本位貨幣を指すことばであり、対義語の『軟貨』(ソフトカレンシー)とは国際決済に用いられない・用いることが出来ない通貨を指す。

    硬貨は一般的に丸い形をしている物が多いが、四角、五角、六角、七角、八角など多角形をしたもの(しばしば定幅図形となっている)、周囲を帆立貝状にしたものなどが流通しており、真ん中に穴を開けた物も、各国に存在する。この穴は、古来紐を通して保存する目的で空けられたが、現在のコインは小額かつ小型であまりその有用性は重んじられていない。しかし、同じ大きさのコインの触感による弁別を容易にするため、この意味での穴の存在価値はある。流通を目的としない収集家向けの硬貨にはギターの形や国の地図の形など特殊な形態の硬貨も存在する。

    周囲に溝(ギザギザ)が刻まれた硬貨は世界中に有るが、元来この溝は原材料である貴金属の不正入手を防ぐために考案された。金・銀貨の周囲を不自然にならない程度に鑢で削ってその削り滓を不正に手に入れるという犯罪が横行したからである。対策として、コインの周囲に溝を刻み少しでも削ると目に見える変化が現れるよう改良した。現在の貨幣に見られる周囲の溝はこの対策の名残である。また、この周囲のギザは視覚障害者にとって、触感で硬貨の区別を行う重要な手段であり、現在のユーロ硬貨などでは、ギザギザのみならず、窪みや溝など額面によって判別が容易になるように工夫されている。

    紙幣には番号が印刷されているが、硬貨は同一の刻印で金属板を打刻するため番号を一枚毎変えるには膨大な版型を必要とし、現実には不可能のため、発行年度のみが刻まれる。品質保持のため万が一、不良品が出た場合でも、発行年度の情報を手掛かりに解消の対応策がとりやすい。

    ユーザーレビュー

    19レビュー

    "とても良い"

    7.6