無料ダウンロード

タイコンデロガクルーザーパズル

    • SEARCH TYPE
    タイコンデロガクルーザーパズル icon

    タイコンデロガクルーザーパズル

    検索: 26 8.2

    8.2 ユーザー評価
    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    巡洋艦(じゅんようかん、cruiser)は軍艦の一種。定義は国や年代によって異なる。英語のcruiserは「遠洋を航海する船」を意味する。なお、クルーザーの他義は曖昧さ回避「クルーザー」を参照のこと。

    電波による通信・索敵や安全保障ができなかった時代では、実物の艦船による示威・通信伝達・索敵・通商保護・通商破壊に使われる艦が必要とされた。帆船時代にはこの目的に対しスループ・コルベット・フリゲートの艦種が設定されていた。

    木造帆船から蒸気船・装甲艦の時代となり、帆船時代の艦種区分は整理され、比較的大型で鈍足の艦が戦艦、小型で高速の艦が巡洋艦として区分され、巡洋艦は帆船時代の前述の艦種の任務を引き継いだ。

    その後、魚雷の実用化に伴い、水雷艇や駆逐艦といった艦種が生まれ、巡洋艦はそれらより大型で遠洋航海能力が高く、艦砲を主装備とする艦と再定義された。明治時代後半以後第二次世界大戦の終了後まで、戦艦と駆逐艦の中間サイズの艦として定義された。

    巡洋艦の任務は保有国の国情に合わせて多様である。例えば、欧州での巡洋艦の目的は植民地で反乱が起きる事を防ぐ為に睨みを利かせることだった。停泊地で現地の名士を招いて船上パーティーが開かれるようにデッキは広く、前後の甲板が繋がっていた。また母港から遠く長期間離れる任務が多くなるため、乗組員の居住性にも十分な配慮がなされた。一方日本の巡洋艦は、特に条約型以降は制限内で積めるだけの兵装を詰め込む傾向が強く、乗組員の居住性は犠牲にされた。妙高型の足柄が1937年(昭和12年)に英国国王戴冠記念の観艦式のためヨーロッパへ派遣された際、乗艦したイギリスの新聞記者が「自分は今日はじめて軍艦(War ship)というものを見た。今まで自分が見てきたのは客船(hotel ship)だった」と評している。これはイギリス巡洋艦に比して劣悪な居住性を皮肉ったものとも言われる。

    また航空機の実用化後、第二次世界大戦中は、巡洋艦が対空艦の主力としての性格を帯びるようになり、多数の対空装備を搭載する巡洋艦が建造された。

    第二次世界大戦後に、戦艦という艦種の衰退と消滅、戦闘艦の主要装備が艦砲からミサイルへと移行、対水上艦装備としての魚雷の衰退、駆逐艦の大型化といった事情により、巡洋艦の定義は非常に曖昧になる。現在では巡洋艦に特に決まった定義はなく、比較的大型で遠洋航行可能な艦艇を、その艦艇が所属する国家や社会集団が「巡洋艦」と主張したら巡洋艦となる。

    2012年4月現在、世界最大の巡洋艦はロシア海軍所属の重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」(基準排水量55,000トン、実質的には航空母艦)である。

    ユーザーレビュー

    26レビュー

    "とても良い"

    8.2