無料ダウンロード

ねじ長さ計算

    • SEARCH TYPE
    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    このアプリは、ねじの長さを算出するためのアプリです。
    ※:このアプリは、組み合わせの有効を保証するものではありません。
    ※:自己責任での使用をお願いします。

    日本工業規格(JIS)に準拠しています。
    ねじは全てメートル並目ねじです。
    機械設計用です。
    日本国内専用です。(日本工業規格(JIS)に準拠のため)

    ※:注意!
    部品等級、強度区分、材質等の、
    組み合わせの有効を保証するものではありません。
    また、ねじのかかり代の有効性、不完全ねじ部による組み合わせ不良についても、考慮していません。

    ■操作方法
    - 画面はダブルタップ、ピンチアウトで拡大、2本指のタッチ、ピンチインで縮小します。
    - 拡大後は、ドラッグで移動することができます。

    ■ボタンについて
    ・ボタン上の表記
     IS - JIS本体規格品を示します
     JA - JIS附属書品を示します。
     「附属書品から本体規格品への切り替えガイド」より
    ・「リスト」現在の構成要素の詳細を表示します。
    ・「M○○」現在の呼び径を変更します。
    ・「△」ねじ呼び長さを短くします。
    ・「▽」ねじ呼び長さを長くします。
    ・「ゴミ箱」現在の組み合わせを削除します。
    ・「UNDO」1つ前の状態に戻します。(20回まで)

    ■使い方
    1.ボルト系を選択します。呼び径を選択します。
    ・第2選択のM14は、例外的に選択可能としています。
    ・組み合わせによって自動的にボルトの長さが決定します。
    ・半ねじが優先的に選択されます。

    2.追加する要素(プレート、ワッシャ、ナット)を選択します。
    ・呼び径の範囲にない要素は選択できません。
    ・追加すると、ボルトの長さが自動的に決定されます。
    ・呼び長さは、+2ピッチ分以上の余裕を取っています。
    ・追加できる要素の数は、ボルト系を含めて15個までです。

    ープレート系の要素について
    ・入力範囲:小数点以下3桁まで
    ・入力できる厚さ、深さの範囲は、選択中のボルト系の最大呼び長さとなります。
    ・タップ穴(止まり)の最小深さは、選択中のボルト系の最小呼び長さとなります。

    3.呼び径を示すボタンをタップすると、呼び径を変更することができます。
    ・構成要素の中に、選択した呼び径がない場合、呼び径を変更することはできません。
    ・構成要素の中に、ざぐり穴がある場合。
     呼び径の変更によって、板厚がざぐり穴深さより薄くなる場合、板厚を呼び径x2に変更します。
    ・タップ穴(止まり)がある場合。
     タップ穴深さが足りない場合、呼び長さに合わせて深さを変更します。

    4.赤枠で囲われた寸法値は、タップすることにより、
      その寸法値に属した要素の板厚、深さを変更することができます。

    ■選択可能呼び径一覧
    (要素の種類によって、選択可能な呼び径範囲が変わります)
    M1.6, M2, M2.5, M3, M4, M5, M6, M8, M10, M12, M14, M16
    M20, M24, M30, M36, M42, M48, M56, M64

    ■使用可能な要素
    ※:IS,JAの呼称は「附属書品から本体規格品への切り替えガイド」より

    ○ボルト系
    IS六角ボルト(本体規格)(JIS B 1180:2014)
    選択した呼び径、呼び長さによって、部品等級が決定します。
    - IS呼び径六角ボルト-部品等級A、呼び径範囲1.6~24
    - S全ねじ六角ボルト-部品等級A、呼び径範囲1.6~24
    - IS呼び径六角ボルト-部品等級B、呼び径範囲16~64
    - IS全ねじ六角ボルト-部品等級B、呼び径範囲16~64

    JA六角ボルト(附属書)(JIS B 1180:2014)、呼び径範囲3~64
    六角穴付ボルト(JIS B 1176:2014)、呼び径範囲1.6~64

    ○プレート系
    キリ穴、呼び径範囲1.6~64
    タップ穴貫通、呼び径範囲1.6~64
    タップ穴止まり、呼び径範囲1.6~64
    ザグリ穴(深い)呼び径範囲3~48(寸法はJIS B 1176-1974 参考図より)
    ザグリ穴(浅い)呼び径範囲3~48(寸法はJIS B 1176-1974 参考図より)

    ○ナット系
    IS六角ナット-スタイル1-部品等級A(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲1.6~16
    IS六角ナット-スタイル1-部品等級B(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲20~64
    IS六角ナット-スタイル2-部品等級A(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲5~16
    IS六角ナット-スタイル2-部品等級B(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲20~36
    IS六角低ナット-部品等級A(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲1.6~16
    IS六角低ナット-部品等級B(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲20~64
    JA六角ナット上-1種(附属書)(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲2~64
    JA六角ナット上-3種(附属書)(JIS B 1181:2014)、呼び径範囲2~64

    ○ワッシャ系
    平座金-小形-部品等級A(JIS B 1256:2008)、呼び径範囲1.6~36
    平座金-並形-部品等級A(JIS B 1256:2008)、呼び径範囲1.6~64
    ばね座金一般用(2号)(JIS B 1251:2008)、呼び径範囲2~36