無料ダウンロード

名作文庫 中里 介山 セレクション Vol.1

    • SEARCH TYPE
    名作文庫 中里 介山 セレクション Vol.1 icon

    名作文庫 中里 介山 セレクション Vol.1

    検索: 0 0

    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    名作文庫へようこそ!
    ======================================
    名作文庫アプリ制作の理由

    名前は知っているけど、なかなか読む時間がない小説が世の中にはたくさんあります。

    そんな名作たちを身近に感じてほしいと考え、1冊づつ読みやすくアプリにしました!

    時間があるときに気軽に無料で日本の名作をお読みください。

    この作品が読みたいというリクエストがあればコメントいただけるとありがたいです!

    ======================================
    中里 介山について

    小説家。本名は弥之助(やのすけ)。東京都羽村市生まれ。父の家業不振のため苦しい少年時代を送る。小学校高等科卒業後上京。電話交換手からのち小学校教員となる。この間、キリスト教と社会主義の影響を受ける。1905(明治38)年、白柳秀湖(しらやなぎしゅうこ)らと雑誌「火鞭」(かべん)を創刊。同誌に短編「笛吹川」を発表。翌年「都新聞」入社。1909(明治42)年、同紙への連載小説「氷の花」をかわきりに「高野の義人」など数々の作品を掲載。1913(大正2)年「大菩薩峠」の連載を「都新聞」で開始。本作はこの後、掲載紙を変えながら断続的に1941(昭和16)年まで書き継がれる。しかし長大な作品(四十一巻)は作者の後半生を呑み込み、なお未完に終わる。1919(大正8)年「都新聞」退社。旺盛な執筆活動を続けながら、道場や私塾経営のほか「隣人之友」をはじめ各種雑誌の発行を手がける。生涯を通じトルストイの影響を強く受けたといわれる。