無料ダウンロード

クイズFor 「ラブライブ」 非公認検定

    • SEARCH TYPE
    クイズFor 「ラブライブ」 非公認検定 icon

    クイズFor 「ラブライブ」 非公認検定

    検索: 0 0

    無料ダウンロード

    スクリーンショット

    内容

    このアプリは、
    『ラブライブ! School idol project』に関する非公認のクイズ検定アプリです。
    『ラブライブ! School idol project』(ラブライブ スクールアイドルプロジェクト)は、学校で結成された架空のアイドルグループの奮闘と成長を描く日本のメディアミックス作品群。 アスキー・メディアワークス、ランティス、サンライズの3社によるプロジェクト。2010年に開始した雑誌『電撃G's magazine』の読者参加企画を皮切りに、作中のアイドルグループが歌う楽曲のCD、作中のライブシーンを担当声優が再現するライブ公演、テレビアニメや劇場アニメといったアニメ化、スマートフォンゲームや携帯型ゲームといったゲーム化など、メディアミックス展開していった。

    KADOKAWA/アスキー・メディアワークスが発行する美少女総合エンタテインメントマガジン『電撃G's magazine』、大手アニメ制作会社『サンライズ』、音楽会社ランティス(担当プロデューサーは斎藤滋、木皿陽平)の三者による合同プロジェクト。
    学校を舞台に活動するスクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」の普段の様子やストーリーを『電撃G's magazine』の誌上にて展開しつつ、サンライズの制作によるミュージック・ビデオPVを収録したDVD付きの音楽CDを販売するという、それぞれの会社・雑誌の特色を生かした分業体制を取っている。2010年初頭に誌上企画が開始され、2010年8月13日にファーストシングルCDが発売された。
    『電撃G's magazine』で行われて来た読者参加企画に倣い、従来のアニメやゲームでは実現されがたい、ユーザーの声を積極的に取り入れる要素を内包している。ユーザーの声は、ユニット名の公募や、投票などによって作中で結成されるミニユニットのメンバー構成・PVにおけるセンターポジションやイメージガールを決定するかたちで反映される。
    当初、明確なストーリーラインは明かされておらず、後述の導入部分以外はCDに収録されたボイスドラマや、『電撃G's magazine』誌上のインタビュー形式のショートストーリーなどで、断片的に描かれた。その後に開始した漫画版やテレビアニメ版によってグループ結成に至る物語の流れが明らかになったが、その内容もメディアによって異なる。
    ファーストシングル『僕らのLIVE 君とのLIFE』はオリコンランキング167位であったが、担当声優による精力的なライブイベントなどでリリース毎に売上を伸ばし[注 1]、2013年4月のテレビアニメ化後は女性ファンも増え、2015年初冬の5thワンマンライブではさいたまスーパーアリーナのスタジアムモードで2日間に渡って開催して延べ7万人以上の観客を動員するに至った。そして2016年3月31日・4月1日には最後のワンマンライブを東京ドームで開催した。
    本作のファンのことはいつしか「ラブライバー」と呼称されるようになり、2015年の新語・流行語大賞のノミネート語50語にも選出された。20歳代から30歳代の女性ラブライバーも増加傾向にあるとされ、その理由として「(一般的なアイドルが肩身の狭い思いをする)アラサーになってもかわいくいられるんだ」と励まされたり、「いつまでも可愛くありたいという、女性の気持ちにもつながる」とも評されている。また上述の2016年春に東京ドームで開催されたμ'sファイナルライブに、元プロレスラーで当時文部科学大臣だった馳浩が招待されて観覧しており、その馳は「ラブライバー大臣と呼んでください」と語っていた。
    本作はほぼ女性キャラクターしか登場しない作品であるが、女性ファンも多数付いた理由として、アイドル活動を通してぶつかる様々な壁を努力によって乗り越えて絆を深めていく、いわゆる「スポ根」的な青春ドラマの要素が本作にはあり、男女を問わず共感して応援できるコンテンツとして受け入れられたのではないかという点が指摘されている。