ダウンロード  ¥360

SatFinder

    • SEARCH TYPE
    SatFinder icon

    SatFinder

    検索: 250 9

    9 ユーザー評価
    ダウンロード  ¥360

    スクリーンショット

    内容

    SatFinder を使用すると、お使いの衛星アンテナを、簡単な4つのステップでごく短い時間内に調整できます:

    ステップ 1 - お使いのアンテナを選択する
    3 つの異なるアンテナ設計のいずれかを選択します:
    - オフセットアンテナ (最も一般的なわずかに楕円形のもの、LNB が真ん中にある)
    - 平面アンテナ (小さい、キャンピングアンテナ)
    - パラボラアンテナ(まれ、通常 100 cm 以上)
    オフセットアンテナをお持ちの場合、アンテナの幅と高さを入力して下さい。
    正確なアンテナ名前がわかっている場合には、お使いのアンテナが既にデータベースに存在するかどうかを確認します。

    ステップ 2 - 衛星を選択する
    迅速かつ容易に適切な衛星を選択するには、ただ「AUTO」ボタンを押してください。 SatFinderは、受信エリアにあり、お使いのの言語でテレビやラジオ局を提供している衛星を自動的に検索します(お使いのiPhoneの言語設定が選択されます)。 表に示すでスター(1-10)は、設置場所で提供されているラジオやテレビ番組数や信号強度から導き出されているものです。
    特定の衛星を受信したい場合には、「AUTO」をオフにします:これで、表をスクロールして簡単に衛星を選択することができます。 検索機能でより速く - 衛星、プログラムの名前や軌道位置を入力するだけです。 また、設置場所で受信することができないか、お使いの言語では送信されない衛星を非表示にすることで、表のエントリ数を減らすこともできます。
    ボタン「チャネル情報」では、 お使いの衛星放送受信機用のすべてのチャネル・パラメータを含め、現在、選択した衛星のどの放送局が放送しているかを確認することができます。

    ステップ 3 - 障害物の確認
    スムーズな衛星受信のために、衛星とお使いの衛星アンテナの間には障害物がないようにします。 これは、「ビュー」機能で確認することができます。 単に衛星の方を向けて、指示標識を観察します(緑 - 障害なし、RED - 注意、ビューなし、あるいは表示なし)。

    ステップ 4 - アンテナの調整
    メニュー項目「調整」では7、アンテナの選択したタイプに応じて、異なるグラフィックスが表示されます。 オフセットアンテナを使用する場合は、方位角と仰角をそれぞれお互いに調整する必要があります。 平面又はパラボラアンテナの場合、角度の調整は一緒に行われます。 「スタート」ボタンを押す前に、アンテナでお使いのiPhoneをどのように配置する必要があるか、ビデオクリップで表示します。

    それだけです。これで、支障なく衛星受信を楽しむことができるはずです...

    微調整:必要であれば、衛星システムの受信をさらに最適化することができます。 SatFinderは、利用可能な「微調整」機能を提供しています。 この機能を使用するには、第二のiOSデバイスを必要とします。 一つのデバイスは、カメラとして、第二のデバイスはモニタとして使用されます。 受信スクリーンの前にiPhoneを置き、衛星アンテナを軽く回したり傾けたりしながら、画質の変化を観察します。 微調整機能を使用すると、視界に自分自身がいない場合でも、お使いのテレビセットに視覚的にアクセスできます。

    センサーの較正:SatFinder(バージョン4.0以降)では、センサーの較正のために非常に効率的かつ高精度な方法を使用しています。 お使いのiOSデバイス内のセンサーが、(例えば、振動や磁界によって)怪しい信号を送った場合、すぐに自動センサー較正がアクティブになります(キャリブレーション画面が表示されます)。 その後、デバイスを手で水平に静かに保持し、キャリブレーションメッセージが再び消えるまで数秒待ちます。

    備考:自動センサー較正は、モーションコプロセッサ M9, M10 以降でiOSデバイスでのみ使用可能です。 これらのコプロセッサは、現在デバイス iPhone 6s、Phone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPad Pro 9.7 および iPad Pro 12.9 で使用されます。

    ユーザーレビュー

    250レビュー

    "最高"

    9